人生100年時代?そんなこと言われても・・・と思ったら。

『人生80年時代』と思っていたら、今では『人生100年時代』と言われています。正直そんなに長生きしても・・・と思いますが、生きているのであればなるべく健康でいたいものです。

今でさえちょっと体調を崩したになったときに感じるのは、健康でさえいればなんとかなる、という思い。あなたは自分が70歳、80歳になったとき、健康に過ごしていられるでしょうか。

 

70歳代以降の人生を健康に過ごせるかどうかは、20歳から50歳くらいの働き盛りの時代をどのように過ごすかが大切になってきます。この時期の健康管理が、高齢者になったときの生活に大きく影響してくるのです。

 

たとえば会社の健康診断。診断結果をそのまま放置していませんか?生活習慣病にかかっているのにもかかわらず、生活を変えずに過ごしていませんか?

特にビジネスマンは忙しいこともあり、ついつい後回しにしてしまいがちです。さらに病院は待ち時間が長かったり、診察が日中にかぎられていたりで、気軽に病院に行く気にはなれないかもしれません。

 

しかし街の病院・クリニックをよく調べてみてください。そうした多忙なビジネスマンが通いやすいような工夫をしているところも多くみられます。ネット予約で待つことなく診察できたり、平日でも夜間診療を受け付けていたりと、あなたのニーズにあったクリニックが必ずあります。自分の体を過信せず、未来のことも考えて健康管理に配慮してみてください。

https://www.shoyuukai.jp/tamachi/

心療内科で聞かれること、それはあなたを理解するために必要なこと

心身の不調で精神科・心療内科などの診察を受けたことのある人は経験があるかもしれませんが、診察にあたって生育歴や家族構成、家庭環境や職場環境などが尋ねられます。今現在の家庭環境や職場環境を尋ねられるのはわかりますが、なぜ生まれてから今までの環境変化まで話さなくてはならないのかと、疑問に感じたりはしなかったでしょうか。

 

内科や外科などの診療科でそんなことが聞かれることはまずありませんから、少々面食らった人もいるかもしれません。しかし心の治療において、これらの情報はとても大切な意味をもつのです。

 

内科や外科では、今現在の傷なり痛みを取り除こうとするわけですが、心の病においてはその傷や痛みがどこから来ているのかを知る必要があります。というのも心の病というのは、決して一つの原因で引き起こされているのではなく、多くの要因が重なって発症していると考えられるからです。そのため患者さん自身を全体像で捉えることが必要になってきます。過去から現在の変化のなかで、病気に至った痛みや悩みなどを総合的に判断する必要があるのです。

 

ですから心の病気の治療には医師との信頼関係がとても大切です。信頼できる医師を見つけることが治療の早道だといってよいかもしれません。

https://www.michiwaclinic.jp/

婚活、その一歩が踏み出せない男性へ

『自己効力感』という言葉を知っていますか?
自己効力感とは「自分がある状況において必要な行動をうまく遂行できると、自分の可能性を認知していること」を意味します。
簡単に言ってしまえば「自分には何かができる」という有能感のようなものです。

 

この『自己効力感』は何かを実行したときに高まることがわかっているのですが、面白いのは、実行して成功した場合はもちろん、失敗したとしてもこの『自己効力感』は高まるのです。行動の結果が成功であっても失敗であっても「自分は何か実行した」という過程が自信につながっていくというわけですね。

 

失敗をしても果敢に挑戦できる人というのは、行動することで自己効力感が高まり、それがまた行動につながる好循環を作り出しているのかもしれません。

 

そう考えると、行動もせずに知識で自信をつけようとか、自信がついてから行動を始めようというのは、時間を浪費しているだけのような気がしてこないでしょうか。もしあなたが結婚をしたいと思うのなら、女性と真剣に交際を始めたいと思うのなら、その一歩を踏み出してみましょう。

https://mens-konkatu.info/miyamotohikarublog/

再び注目される遺伝子治療、がん治療にも効果あり?

一昔前に夢の治療法になるかもしれないと期待された『遺伝子治療』。なぜ夢の治療法と言われたかというと、それは遺伝子にアプローチするという治療法にあります。

病気の多くは遺伝子がうまく働かなかったり、なんらかの原因で遺伝子が傷つくなど変異して起こります。そこに正常な遺伝子を外部から入れることで遺伝子の働きを正常に戻そうとするのが遺伝子治療です。遺伝子治療を用いれば、従来の治療法では治せなかった難病を克服できるかもしれないと期待されたわけです。

しかし死亡事故やいくつかの副作用がみられたことで一時期は停滞します。その後遺伝子の導入に使われるベクター(遺伝子の運び屋)が見直されると安全性が向上、多くの成功例が相次ぎます。近年では欧米を中心に承認薬が多く誕生するなど信頼を取り戻し、遺伝子治療の開発が活発化しています。

遺伝子治療は幅広い病気に応用されていますが、その中でも臨床試験の対象疾患として、がんが6割以上を占めています。遺伝子治療はがんに対してもその効果が期待される先端治療のひとつでもあるのです。
https://tenjin-cc.net/

卵子の老化、遅らせることはできる?

晩婚化・晩産化が進んだ現代では、以前にくらべ不妊治療を受ける患者さんも高齢化しています。年齢が上がるにつれて妊娠しづらくなる、その原因の多くは「卵子の老化」にあるのですが、これを止めることはできません。しかし卵子の老化を遅らせることなら、普段の生活の中でもできるのです。

「アンチエイジング」という言葉を聞いたことがあると思います。体内の抗酸化力を高めることで、酸化ストレスの原因となる活性酸素の発生を抑え、老化・加齢に対抗する行為のことです。このアンチエイジングは卵子にも有効なのです。

バランスのよい食生活を心がけること、適度な運動をすること、良質な睡眠をとること、前向きな気持ちをもつこと。こうした普段の生活が抗酸化力のアップにつながります。

酸化ストレスは女性のシミやシワ、動脈硬化やガンを引き起こす原因ともいわれています。卵子の老化はもちろんですが、これらの病気や肌トラブルを防ぐためにも抗酸化力を高めることは有効です。少しでも卵子の老化を遅らせるカギはあなたの普段の生活にあるのです。

https://biyonai.net/