痔の治療は市販薬?それとも病院で処方?

『痔』だと思った時、病院の診察に行かずにまず市販薬でなんとかしようとする・・・そういう人は少なくないようです。確かに痔は診察といえど恥ずかしさがともないます。それに手術になったらイヤだという不安もあるでしょう。簡単に入手できる市販薬で治療できるなら、それに越したことはありません。

しかしもしあなたが痔を真剣に治療したかったら、やはり専門の医師に診断を受けた方が確実です。
もちろん市販薬にも一定の効果はあります。痔の薬の効果としては肛門の痛みや出血を抑え、炎症をやわらげて、排便をしやくすることがあります。ただし幅広い人に効果があるよう成分も調整されていますから、各々の症状によっては効果があらわれにくいこともあるのです。

その点病院で処方された薬であれば、医師が患者の症状を診断して、それに適した成分を含んだ薬を出してくれます。ですから的確な治療ができますし、その分改善も早いのです。

それに医師に診断してもらうメリットは、他の病気を発見してくれるということもあります。特に最近は痔だと思って受診したら大腸がんだったという方も増えているので、早めの診断はあなたの身体を救うことにもなりえます。

痔は早期に治療を始めれば手術の必要がない場合がほとんどです。悩んでいるなら肛門科などの専門医に早めに診察してもらいましょう。
https://nico-tama.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です