心療内科で心因性の咳の原因を探る

ストレスを抱えている時、心がバランスを崩す時に、
体がそういったサインを出すことがあります。

その一つに心因性の咳があります。

風邪とは違い、数週間から数ヶ月に渡り咳が止まらず
熱や吐き気など体には異常がないにもかかわらず咳だけが続きます。

また特徴としては日中に出やすい咳も、
何かにしっかりと集中しているときにはピッタリと咳が止まるのです。
そして、市販薬の咳止めやぜんそくの薬などでは改善されません。

私たちの生活には嫌なことがたくさんありますが、
ストレスとなるのは嫌なことだけではなく
旅行や恋人ができたこと、また新たな状況の変化など
一見楽しそうなこともストレスになるのです。

咳がなかなか止まらず、
検査をしても異常がないと言われるのであれば、
心療内科を受診しましょう。

体がSOSを出しているので、
できるだけ早くストレスとの対処法を知る必要があります。

心療内科でのカウンセリングによって、
ストレスを自覚することからはじめましょう。
また薬や、漢方などで症状を抑えることができます。
http://kokubunji.clinic/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です