コニファーと芝生の綺麗な庭に触発された。

ちょっと前に姉夫婦が家を購入したというので、自宅に招かれた。

建売とはいえ、やはり新築の家というのはいいものだ。

 

オール電化だし、太陽光発電もある。

バリアフリーで便利だし、

システムキッチンも収納などがよく考えられていて

ひじょうに便利で効率的。

 

そんな室内はもちろんだが、

私が強く印象に残ったのは外の庭だった。

 

芝生とコニファーという庭木でつくられた庭は、

とても整然としていて美しく感じたのだ。

コニファーという呼び名についても私は初めて知ったのだが、

世間的にもとても人気のある樹木のようだ。

 

針葉樹の総称らしいが、

クリスマスツリーによく使われるような木、

と言えばわかりやすいだろうか。

 

今時の住宅にはとても調和していてよく似合うし、

手入れがラクというのも人気の理由らしい。

しかも種類がひじょうに多くて、たくさんの選択肢があるということだ。

一年中葉をつけているので、冬でも緑を楽しめる。

 

姉夫婦も最初は庭に関してはあまり考えていなかったのだが、

このタイミングで一緒に作ってしまったほうが

安上がりということもあり、植木屋に依頼したようだ。

正直植木屋というと和風庭園を手掛けるイメージしかなので、

少々以外だったが、

いまどきの植木屋はそんなことはないという。

http://tokyo-uekiya.com/column/412/

 

我が家の庭もリニューアルをお願いしようかと、

そんな気にさせられる庭だった。